総量規制 主婦 キャッシング

総量規制と主婦のキャッシング

総量規制は年収の3分の1までしか借りられないというルールですが、パートなどで収入がある主婦なら銀行などのカードローンや消費者金融からの借り入れが可能です。ただし、自分に収入ない専業主婦の場合は、借り入れが少し難しくなります。

総量規制には例外があって、自分に収入がない主婦でも配偶者に安定した収入があれば、配偶者の年収の3分の1までなら借り入れができます。ところが、このような例外を適用して専業主婦にも貸し付けをする金融機関はあまり多くないのです。銀行なら、三菱UFJ銀行のカードローンバンクイック、イオン銀行カードローンBIG、ジャパンネット銀行のネットキャッシングなど、消費者金融では、フタバなど中堅のレディースローンが専業主婦にも貸し付けをしています。指差し

専業主婦が銀行で借りる場合は、本人確認書類だけで申し込みができます。配偶者の収入証明書などは必要ありません。借りられるのは最高で30万円程度になっています。消費者金融を利用する場合は、本人確認書類のほかに配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類が必要になります。

銀行に比べると提出書類が多くちょっと面倒です。ご主人に内緒で借りるということもできません。

総量規制がありますので、借り入れの金額によっては、ご主人の収入証明書が必要になることもあります。ですから、専業主婦が金融機関から借り入れをしたい場合は、手続きが簡単で、金利も低い銀行のカードローンを利用するほうがいいといえるでしょう。もし専業主婦の方でその日のうちにお金が必要!という場合は、xn--t8j3b1b6dxdx19x9liuuzte1ek6kj9y.comに即日融資についてまとめられているので参考にしてください。

カードローンはちょっと不安という主婦の方にはクレジットカードがオススメです。クレジットカードは翌月の支払いになるため、いくら使ったか把握しやすく無駄使いの防止にも繋がります。クレジットカードについてまとめているこちらのサイト「http://クレジット審査マネ子.com」を参考にしてください。

管理人:安藤加代子

女性

フィナンシャルプランナーの安藤加代子です。生活設計をしていく中で、時に借金が必要になることがありますね。

現在は、ATMから簡単にお金が引き出せるようになっているので、返済のことを考えずに、気軽に借りてしまい、後から返済に追われて大変なストレスを抱え込むということがあります。

借金はしないに越したことはありませんが、どうしても必要で、金融機関からお金を借りる場合は、返済計画をきちんと立てる必要がありますね。

昔と比べると主婦も借り入れがしやすくなっているので、失敗しない借り入れの仕方をぜひとも知っていただきたいと思います。